業務案内

トップ»業務案内

測量調査部

測量調査部は、あらゆる社会資本整備の基礎となる測量調査を、多様化されたニーズに応えるべく精度の向上をめざしています。

基準点測量

基準点測量は、すべての測量の基礎あるいは骨格となる基準点の設置を目的とした測量で、GPS・トータルステーションにより観測し求点の水平位置(XY座標)及び高さ(Z座標)を求めます。

路線測量

路線測量は、道路や河川などの建設のための調査・計画・実施設計等に用いられる測量で、中心線・BM設置・縦断・横断測量などを行います。

河川測量

河川測量は、築堤・河川の形状・水位・深浅・断面などを測定して縦横断面図を作成します。また河川の流量・流速などの観測調査も行います。

用地測量

用地測量は、道路敷地や河川敷地などの公有地と民地の境界を明確にするために行う測量です。測量結果は法務局に登記されることになります。

設計環境部

設計環境部は、測量調査結果を基に実施する土木設計と、土木設計により施工される工事の施工管理および施工時の環境計量を行っています。

■土木設計
今まで整備・蓄積されてきた社会資本も、今後は建替えや維持修繕が必要となり「社会資本ストック・メンテナンスの時代」となります。当社では社会資本となる土木設計を行うにあたり安全性はもとより機能性・コスト・環境・維持管理などを十分に考慮した設計を行います。

道路設計

一般道路や街路など、道路の路線選定を伴う予備設計から工事実施のための実施設計まで、道路に係わる計画、設計を行っています。

河川設計

河川の安全性や利便性の向上とより良い河川環境を整備するために、河川に係わる設計を環境に配慮して行っています。

構造物設計

土木構造物の計画から設計、施工から供用開始後の維持管理まで、そのライフサイクル全般をサポートする設計を行っています。

農業土木設計

農業経営者の多様なニーズを踏まえ、作業性を考慮した機能的な農道や用排水路及び圃場の設計を行っています。

施工管理

施工管理業務は、発注者の監督業務の支援を目的としています。当社では、設計図書・施工計画書との照合をはじめ、特に構造物の不可視部分となる部分の検査、現場の施工体制点検等を実施しています。

構造物維持管理

高度経済成長期から多くのコンクリート構造物による社会資本が整備されてきましたが、その多くがこれから更新時期を迎えることとなります。コンクリートを診断し、適切な補修・補強を行うことによって、これらを永く供用することは、単純な撤去・新設に比べて低コストであり低環境負荷となります。当社ではコンクリートを診断して、適切な補修・補強方法を提案します。

■環境計量
事業損失とは、公共事業等の施工による地盤変動・騒音・振動・日照阻害等による不利益、損失又は損害で、国や地方公共団体等が第三者に対して与えた損害のことをいいます。当社では、主に「振動騒音調査」と「家屋調査」を行っています。